年齢とともに頭頂部や髪の毛の生え際が薄くなってくるAGAですが、そもそもAGAとは、何が原因となって、そしてどのようなメカニズムで発生するのでしょうか。

ここでは、AGAの原因とそのメカニズムについてご紹介させていただきます。

AGAの原因は、男性ホルモンであることがわかっています。

人の体内にはテストステロンという男性ホルモンが存在するのですが、このテストステロンに5α―リダクターゼという酵素が結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されてしまいます。

そしてこのジヒドロテストステロンには、毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体と結合して、毛母細胞の機能を弱体化させる作用があります。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって徐々に成長していくものですので、毛母細胞の機能が弱まるということは髪の毛が育たなくなるということであり、その結果として、薄毛が進行してしまうというわけです。

ちなみにテストステロンという男性ホルモンは、誰もが持っているものでありその量にも大差はありません。

しかしこの男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換してしまう5α―リダクターゼというこその量には個人差があり、その量が多ければ多いほどジヒドロテストステロンが作られやすい、つまり、AGAになりやすいということになります。

AGA(男性型脱毛症)治療において使用されるプロペシアにこの酵素の働きを抑制する作用があるのも、そうすることによってAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制することができるからだったのですね。